ビューティブーケはファンケルのチラシで!チラシ限定、ハーフサイズが半額以下で提供

ビューティブーケは『ファンケルのあかいの』濃密なとろみとハリを実感!
肌をほぐし(肌をやわらげ)、美容成分が角層まで浸透。潤いを逃がさず、もっちりとしたハリ肌へ。
ファンケルだけの発芽米発酵液派 × 新感覚の復元発酵ゲル うるおいを抱え込みます。

 

ビューティブーケはファンケルが開発

ビューティブーケのチラシが入りました。『ファンケルのあかいの』真っ赤な色が鮮やかで目に飛び込んできます。

 

60代の角層は20~30代に比べて約20%も厚くなり、化粧水など浸透していないかも

ファンケルが独自開発した「発芽米発酵液」の豊富な美容成分が厚く硬い肌がほぐすことで今までにない浸透力を実現。
浸透しにくい状態になり、放っておくとシワやハリ不足の一因にも

 

「発芽米」×「発酵」のちから
ぬかを含む栄養豊かな国内産の発芽米を特別な酵母で発酵させた「発芽米発酵液」

 

には潤いのもととなるアミノ酸が白米の発酵液の約10倍も。肌をほぐす乳酸とアミノ酸のダブルパワーで、年齢肌に必要なコラーゲン・ヒアルロン酸などの美容成分を肌のすみずみまで届け、ハリある若々しい肌へ。

 

60代からの肌のうるおいエイジングケアですが30代の方も口コミされています。

口コミを読んで参考になった方が多い

喜びの女性

37歳 普通肌

 

嬉しい!初口コミだ!
ファンケルショップを通りかかったら、見慣れない赤いパッケージの商品がある。ファンケルは低刺激、若い子向けのイメージがあったので、十数年ニキビに悩んでいた頃信頼して使用していましたが、最近はスルーしてました。新商品はエイジングケアのようで、店員さんが今は浜松と横浜のショップでのテスト販売です、とのこと。

 

こりゃ興味ある~。

 

ラインナップはクレンジング、泡洗顔、化粧水、〆はジェルかクリーム、軽めが好きなら乳液という4ステップ。
サンプルをもらい早速試してみました。
化粧水はしゃばしゃばの水みたい。これで大丈夫?と心配になりました。

 

2回に分けて馴染ませると、あれ、もっちりぷるんになってる!化粧水だけでしっかり肌を持ち上げてくれてる。
店員さんいわく、他メーカーの化粧水はほとんどが水に美容液が少し入ってますが、これは発芽玄米の発酵液がほとんどで、美容成分たっぷりですよ、とのこと。

 

もちろん刺激はなく、期待が持てます。

 

 

喜びの女性

32歳 混合肌

ファンケルは最近サプリメントにハマっていて服用しています
店頭に行ってこちらを試させていただいて感触がよかったので購入してみました
この化粧水60代からのシリーズらしいのですが、使い心地めっちゃいいです
プッシュタイプになってて約2か月持つのでコスパもいいと思います
乳液もありますがこれだけでもほどよいしっとり感で潤います
水を一滴も使わずに発芽米発酵液を使用してるらしいです
しっとりするのにべたつかないから朝も使いやすいです
1プッシュ手のひらにとり、パッティングしてもう1プッシュ馴染ませたらもっちり!
いつまでも肌に残るようなぬるつきもナシ
他にいい化粧水が見つからなければまたリピートしたいと思えるアイテムです

 

 

 

こちらの口コミは高評価だし、読んで参考になった方が多い

喜びの女性

55歳 乾燥肌

一本使い終わって二本目です。
ファンケルの店舗に行って肌診断をしたらハリが32から80に上がっていたのでリピです。
自分ではそこまで張りが出た実感がないのですが使い続けることによってどうなっていくのか楽しみです。

 

 

 

こちらの方も高評価です。

喜びの女性

49歳 混合肌

1回で、今までのスキンケア品との違いが
実感出来ました。ド○○○○○○○ルに近い久し振りの実感でした
「あれ、いいかも」みたいな
60歳代からのスキンケアだからベタベタするのかなと思い期待半分捨て半分でお試しセットを購入し使用してみたらサラサラしてるのに潤ってる。良かったです
鼻横の頬の縦毛穴が整ってきました

 

    引用:https://www.cosme.net/

 

化粧品によるスキンケアが肌にもたらす効果

メイクパレット

 

肌の健康状態を維持するために、スキンケア化粧品を利用しているという人は大勢いるようです。普段使いするスキンケア化粧品は、出来る限り効果の高い商品を使いたいものです。スキンケアを目的とした化粧品でも、使い方や、肌への影響は異なっています。

 

メイク用の化粧品は、お肌に色をつけたり、くすみやしみを隠すために使います。基礎化粧品は肌の質を改善するものです。満足のいくメイクをするためには、土台となっているお肌のキメが細かく、しっとりしてハリのある状態でありたいものです。

 

やはり毎日のお手入れに当たるスキンケアは大変重要なので、商品選びにも慎重になる必要があります。肌のくすみやシミが気になるという人は、肌を健康にするために、スキンケアに力を入れる必要があります。

 

出来れば同じメーカーが販売しているスキンケア化粧品を利用する事がポイントです。クレンジング剤、化粧水、保湿クリーム、美容液など、基礎化粧品といっても色々なものが売り出されています。同一系統のスキンケア化粧品にすることで、トータルバランスで見た時に肌の健康にいいものを広く摂取できます。高いスキンケア化粧品ならいい効果があるとは言い切れません。

 

大事なことは、肌との相性がいいかどうかです。スキンケアの効果を高める為にも、化粧品選びはしっかり比較検討して、最適な商品を見つけていただきたいものです。

スキンケア化粧品の違いと使い方について

最近は、スキンケアのために使う化粧品が、数多く店頭に並んでいます。色々な特徴の基礎化粧品が販売されているために、一つに絞り込めないくらいです。男性でも基礎化粧品を使って毎日のスキンケアをしている人が増えており、男性用化粧品も充実してきています。

 

商品数はたくさんありますが、自分の肌にあったスキンケアの化粧品を使っている人は少ないといいます。お肌の状態によって、どの化粧品が使いやすいかは異なっていますので、自分の肌と相性のいいものを探す必要があります。

 

人気の高い化粧品や価格の高い化粧品であれば、安心して使用できるとは限りません。スキンケア用品を選ぶ時には、まずは自分自身の肌がどのタイプにあてはまるかを知ることです。肌タイプには、乾燥肌、敏感肌、オイリー肌、混合肌などがあります。自分の肌はどのタイプに分類されるのかがわかれば、お肌がもともと持っている性質についてわかります。

 

いくつかのスキンケアの化粧品を重ねて使用している人も多いようですが、その順番を間違えてしまうと効果が無くなるので注意しましょう。お肌に浸透させたい成分が弾き返されてしまってはもったいないですから、順序をチェックしてから使ってください。朝と夜でもスキンケアには違いがあります。使い方、使う順番などを守ることで、化粧品本来の効果を得ることができるようになります。

スキンケア用品の種類とその役割

スキンケア用品には様々な種類があるので適切に利用するには役割を理解しておく必要があります。きれいなお肌であり続けるためには、スキンケアが重要な役割を担っていますが、方法が適切でないという場合も多いといいます。

 

きれいな肌を守るには、肌の保湿力が損なわれないようにすることです。肌が乾燥していると、肌荒れがひどくなります。肌の外側からその水分を与えるのがスキンケアの役割であり、様々な種類のスキンケア用品が販売されています。

 

お肌にとって水分保持が重要な役割を担っていることは、スキンケア用品の大半が保湿機能を持っていることからも明白です。どのくらいの水分量が肌にとって丁度いいかは人によって違っており、体の状態や、外気温によっても左右されます。化粧水は肌のキメを整えるという意味で必要なアイテムですから、あまり脂分の多いものは選ばないようにしましょう。水分を基本にした化粧水にすることで、スキンケアの土台となるお肌をつくることができるようになります。

 

高い保湿効果があり、なめらかな触り心地の美肌クリームを最後につけることで、顔の皮膚全体を油分の膜で覆うことができるようになります。鼻のわきや頬の部分などは、時期によって乾燥が激しくなる事がよくあります。特に水分を失いやすい場所に対しては、通常のスキンケアだけでなく、そのためのクリームを使うのもおすすめです。お肌のお手入れを行う時は、自分に肌に合うスキンケア用品を買いそろえることが重要になります。

 

 

関連記事
リフタージュの口コミ!
ダーマフィラーの口コミ|お試し
ダーマフィラーは店舗(ドラッグストア)で?
ダーマフィラーをお試し、効果の口コミは?
ダーマフィラーの効果は?
ダーマフィラーの口コミ
ダーマフィラーの実際の効果は?
ファンケルビューティブーケお試し
ダーマフィラーのマイクロニードル

トップへ戻る